トップページ > 業務案内/報酬

業務内容/報酬

業務内容

労働・社会保険手続き

健康保険、厚生年金保険・・・新規適用手続、資格取得・喪失、月額変更、算定手続、各種給付手続、年金請求手続等
労災保険・・・保険関係成立、保険料申告、各種給付手続き等
雇用保険・・・事業所設置届、資格取得・喪失、離職票作成等

助成金等の申請代行

事業所が一定の要件に該当する場合に、助成金が受けられる場合があります。例えば、キャリアアップ助成金、職場定着支援助成、高年齢者雇用安定助成金、両立支援等助成金、雇用調整助成金、特定求職者雇用開発助成金等、申請可能な助成金のご提案を致します。

給与計算事務

毎月の給与計算、賞与計算、退職金計算、年末調整
当事務所では、給与計算専門スタッフが一括して給与計算を行いますので、貴社には一切手間をおかけいたしません。もちろん専門家であるメリットを生かし、社会保険料の改定や所得税の計算などにも即対応。正確に給与計算に反映致します。

就業規則作成

会社の「憲法」たる就業規則は、常時10人以上の労働者を使用する事業所には作成・届出が義務付けられています。
当事務所では、就業規則の作成及び変更、従業員説明会の開催、運用アドバイス等を行ないます。現在、就業規則を届出及び周知していてもそれで安心というわけではありません。法改正に対応することはもちろん、会社の発展と共に就業規則それ自体も成長し、必要に応じて見直しを行なうことがとても大切です。

労務管理・労務相談

近年、労使間のトラブルが大変増えています。これは企業経営上、ひとつ間違うと大変な事態を招きかねません。労使間のトラブルでは、潜在リスクを分析し、トラブルが起こる前にトラブルの芽を摘み取ることが大変重要です。当事務所では労使関係の専門家による懇切丁寧なご相談を承っておりますのでぜひ一度ご連絡くださいますようお願いいたします。

あっせん代理

社会保険労務士として、労務トラブルが発生しないよう予防するのが大原則ですが、それでも「あっせん」となった場合は「特定社会保険労務士」の出番です。あっせんは労働審判や民事訴訟より解決までの時間や費用負担が軽く済みことが特徴です。弊所は、経験豊富で懇切丁寧、かつ、スピィーディーな対応を心掛け、貴社のあっせん手続を全面サポートします。

労務監査

労務監査とは、労務管理の実態を調査し、潜在的な労務リスクの発見と予防をするための会社の健康診断です。特に近年は、企業法令遵守(コンプライアンス)や企業の社会的責任(CSR)に対する認識の高まり、労働者の権利意識の向上による個別労働紛争の増加などを背景として、労務監査の重要性が高まっています。

セミナー・勉強会の講師

大人数向けの講義スタイルから小人数向けのゼミスタイルまで臨機応変に対応いたします。多種多様な資料を取り揃えていますのでお気軽にご相談ください。

報酬

顧問報酬

人員 報酬月額 人員 報酬月額
4人以下 20,000円 150〜199人 160.000円
5〜9人 30,000円 200〜249人 190,000円
10〜19人 40,000円 250〜299人 220,000円
20〜29人 50,000円 300〜349人 250,000円
30〜49人 60,000円 350〜399人 300,000円
50〜69人 80,000円 400〜499人 350,000円
70〜99人 100,000円 500人以上 別途協議
100〜149人 130,000円

保険関係・新規適用手続料

健康保険・厚生年金保険 労災保険・雇用保険
1〜4人 80,000円 80,000円
5〜9人 100,000円 100,000円
10〜19人 120,000円 120,000円
20人以上 1人増すごとに1,000円加算

助成金等の申請代行

助成金は多種多様のため、難易度に応じて別途協議します。

給与計算事務

10人以下については月額20,000円を基本料とし、11人以上は1人増すごとに800円を加算します。なお、賞与計算については、1回につき上記の基準による額とします。

就業規則および諸規程の作成

就業規則作成・・・200,000円
諸規程ごとに20,000円から

*上記報酬には消費税を含んでおりません

  • 事業所案内/書籍紹介
  • 業務案内/報酬
  • 労働保険事務組合
  • 新着情報

ページのトップへ